スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スロベニア5

港街ピラン。

ここは、小さくて、特にこれといったものもない街だけど、
リュブリャーナより暖かくて気候もよく、
のんびり、まったりしていて、とっても良かった。

もともと私の 港町好き。というのも
ピランびいきの理由の一つかもしれないけれど、
町の中は道が狭く、車は入れないのもまた
のんびりムードでいいのかも。

slo9.jpg
小高い教会から、海を。


slo10.jpg
海沿いの堤防で夕日を眺める。

もちろん、魚介レストランが沢山あり、
とてもウマイ。
ダイビングショップもあり、
ダイビングしている人々もいた。

交通の便が、そんなによろしくない土地なので、
リュブリャーナ行きのバスさえ
毎日運行していないようなので、
日程には余裕を持って、のんびりと。

スポンサーサイト

1999.11.11 | | Comments(0) | スロベニア

スロベニア4

ブレッド湖から少し離れたところにある
ボヒニ湖へも行ってみる。

ここはブレッド湖とは違った雰囲気。

ブレッド湖よりも、雄大で大自然といったところ。

slo7.jpg
湖面が、鏡面のよう。

現地の小学生が遠足で来ていて、とても賑やか。
目があうと、みんな
はにかみやさんな笑顔でニッコリ
かわいい。

slo8.jpg

1999.11.10 | | Comments(0) | スロベニア

スロベニア3

リュブリャーナからバスでブレッド湖へ。

同じバスに乗っていた、
アメリカの観光客のおじさんが
ブレッド湖のパンフレットをくれた。

見ればみるほど、ヨダレが出そうなほど、すばらしい景色。

車窓からも、山頂付近に雪を抱いたユリアンアルプスに
うっとり。

ブレット湖に到着して、
バス停から、歩いてユースを探し。

徒歩だと、少し離れているうえ、
なんともわかりにくい外見なので…、
迷って迷って、ウロウロ。

通行人のおじさんに道案内され、やっと到着。

部屋は、4人部屋で、
シーツやカバーがピンクの花柄でとってもラブリー。
そして、部屋もシャワールームもキレイで清潔。
slo2.jpg



早速ブレッド湖に繰り出してみる。
slo4.jpg


湖自体は、それほど大きくなく、
ぷらぷらっと、すぐ一周できてしまう。

湖畔にも、数件のお店(レストランやお土産物屋等)があるだけ。

でも、その気持ちよさに、ついつい、
ずっとプラプラしたり、ベンチでぼーっとしたり…。


遠くにユリアンアルプスを望み、湖に浮かぶ聖マリア教会、
その向こうには、崖の上にそびえ立つブレッド城。
は~、もうメロメロ。

slo6.jpg
この景色を見たら、
スロベニアのトリコになること間違いなし。



小船に乗って、湖に浮かぶ小島の聖マリア教会に行ってみる。

slo3.jpg


教会内には、鐘があり、
これを鳴らすことができると幸せになるそう。
どうやったら鳴るのかよくわからないけど、私は鳴らず…。

岸に帰る船で一緒になったおばあちゃんは鳴らすことができた、
と、とっても喜んでた。


slo5.jpg
ゴミ箱。

1999.11.09 | | Comments(0) | スロベニア

スロベニア2

街は、一国の首都?と思わせる小ささっぷり。
でも、お城から見る街の景色は最高…。
slo1.jpg



広場では、ちょっとした市場も開かれていて、
こまごまと色々売っている。

物価は、ドイツと同じくらい。
現地の人からすると、高いのではないではないかな?


長期旅行の際、
お金はだいたいシティバンクを利用しているわたくし。

そのつもりで今回も、手持ちの現金はほとんどない。

さて、じゃぁ銀行へ…と思いきや、
つ、使えないじゃないか!
シティバンクカード!
(もちろんシティバンク自体は、「ない」と、
昨日インフォメーションのお姉さんが言っておりました)

昨日ホテル代を払ったので
手元には、なけなしのドイツマルクを両替した小銭がある程度…。

じゃぁ、クレジットカードでキャッシング…と思いきや、
今回のわたくしの、ぬかった点…
クレジットカードも1枚しか持っていなかった。
それも、VISA…。

ヨーロッパはVISAよりマスターと聞いていたけれど、
西欧諸国でそんなこと実感したことがなかったので、
すっかり忘れきっていたのだ~。

顔写真付のカードを作れるのは、
VISAしかなかったんだものぉぉ。


で、ここから、街中の銀行めぐりの始まり…。
たぶん、リュブリャーナの銀行、
全部まわりました、はい。

「マスターは使えるけど、VISAは使えない」
と、銀行の人は口々におっしゃいます。

街の人が皆、美味しそうに食べているアイスを食べたかったけど、
それすら買えるお金もなく…。

行員さんは、みんな親切で、
なんとか教えてもらった銀行で無事、
お金をおろすことができたのでした。
良かった…。




1999.11.08 | | Comments(0) | スロベニア

スロベニア1

ハンガリーのブダペストから列車でゴトゴト7時間程。

途中、車内に国境警察?のような人が乗り込んできて、
バックパックの中身を丹念にチェック。

風邪薬とか、フェイスクリームとか、
「これ何?」
と、細かく質問が入る。

チェックするのはいいんだけど、
出した荷物をしまうの面倒くさい…。

そうこうしているうちに、
スロベニアの首都、リュブリャーナに到着。


とりあえずホテルを決めにインフォメーションへ。

プライベートルームに泊まりたかったのだけど、
その日到着したのが夕方だったので、もう空室がないとのこと。

紹介してもらえた中で、一番安いホテルにとまることにした。





1999.11.07 | | Comments(0) | スロベニア

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。