スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミャンマー2

中央駅から、空港駅まで列車で。
3rdクラスしかないようで、5B。
おおお、安い!
行きは、エアポートバスに100B…。

車内では、近くのおばあちゃんが、
しきりに話しかけてくれるけど
うーんタイ語全然わからないのよ、
ごめんよ…おばあちゃん…。

そういえば数年前にバンコクから
アユタヤに列車で行ったときも、
近くのおじいちゃんが
何度も何度も、ゆっくり話しかけてくれた上、
缶ビールまで買ってくれた。

そんなに裕福そうには見えなかったけど、
お金は絶対に受け取らなかった。

子供達は、全身真っ白な粉で覆われていた。
ベビーパウダー?

空港駅に近づくと、高層ビルも建ち並び、
国内線空港が見えてくるので、
空港に着いたことがすぐわかる。



ミャンマー国際航空は、ガラッガラ。
乗客は20人くらいかな…?

到着したヤンゴン空港も…
飛行機は2機しか止まってない。
(しかも、そのうち1機はセスナ)
イミグレも人が少ないので、
待つことなく終了。

強制両替$200も済ませ、タクシーで街へ!


タクシーの車窓から見る街中は、
道路は広く、のーーんびりしていて、
パッと見、ちょっとしたリゾート地…?
建物も、ヨーロッパ調。

mya2.jpg



タクシーの運転手さんのお勧めホテルに。

中央駅の近くで、エアコン・トイレ・シャワー付き、
ベッドも2つ!
1人だけど…。
で、$7

窓がなくて、暗~い雰囲気だけど、
ミャンマーは、安い部屋は窓なしの部屋が多いみたい。
仕方ない、窓付の部屋は高いのだ…。


まず、強制両替したFEC を、
現地通貨のチャットへの両替をしに
大きな市場へ。

軽く日本語を話す、
絵はがき売りの少年に連れられ、
ヤミ両替。

1FEC(=$1)=615チャット。
60FEC お願いしたので、36900チャット!
ものすごい札束で、お金持ち気分…。
ミャンマーに財布は不要。
(入りきらない)

市場は色々なものが沢山売っていて楽しそう!
最終日に、ゆっくり見よう。


バガン行きのバスチケットを買いに、
いくつものバス会社が並ぶ地域へ。

バス会社が、あるにはあるんだけど…
どこも、表記はミャンマー語のみ…。
ローマ字表記でもないし、
まったく、わからず。

1件1件、「バガン?」と聞き歩き。
やっと見つけた、
美人のお姉さんのいるバス会社で
チケット購入。
2500チャット

mya1.jpg



トーキョー フライドチキン
というお店へ
人気があるというので行ってみた。
何が「トーキョー」なのかは謎。
mya3.jpg

期待していなかったけど、意外や意外、
お肉が、プリップリで美味!
地鶏?肉が良いせいかなぁ。
でも、オレンジジュースは
絵の具を溶かしたような真っオレンジで、
甘いの甘くないのって…。


ボウタタウンパゴダでは、
熱心にお参りしている人もいるし、
端っこで、のんびり座っていたり、
寝たり、おしゃべりしたり。

仏像は、顔が面白い上、
全身ピカピカツヤツヤ、
電球キラキラ…。
ご利益が薄いような気がする…。


mya4.jpg
近くの港のような川でのんびり。
子供のお坊さん?修行中?も、のんびり。

スポンサーサイト

2001.09.30 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー1

一番安かったビーマンバングラディシュ航空で
とりあえずバンコクまで。
ビーマン って、どういう意味?

バングラディシュ航空は、
スチュワーデスさんは、
サリーのような民族衣装を着ている。

機内は、色とか装飾などかわいらしいけど、
トイレは水が流れず…。

映画も大好きな「スチュアートリトル」だったのに、
音声が出ない…。
イヤホンからは、
ひたすら民俗音楽が流れてくるのみ…。

機内食も、天丼とカレーがあったのに、
スチュワーデスさんが適当に配っているので、
乗客に選択の権利はありませぬ…。


そうこうしているうちに、バンコク到着。
電車で中央駅まで行こうと思いきや、
ホームに旅行代理店を発見。
早速、ヤンゴンまでの飛行機を購入。
本当は、カオサンとか安い代理店で買うつもりが、
なんだか面倒になっちゃって…。

バンコクで2泊してから、ヤンゴンへ。

2001.09.28 | | Comments(0) | ミャンマー

北朝鮮6

いよいよ最終日。

食パン4枚に目玉焼き2個。
朝ごはんもモリモリ食べて出発。


日曜日なのに、街には制服(?)を着た
子供達や大人達で溢れかえっている。
日曜日もお休みじゃないのかな。


kita13.jpg
テソン輸出品センター(お土産物屋)へ。

チョゴリ、朝鮮人参茶、スカーフ、パンツ、瀬戸物などなど。
夜の滋養強壮に効く、という代物も沢山売っていた。



kita14.jpg
あの有名な像。

"正面以外からは写真を撮ってはいけない"
らしい?



港に戻って軽い税関を終え、
韓国に2泊して、船は日本へ。


あっという間だったなぁ。
キレイなところばかり見させられたので、
本質的なところは何も見ていないんだな、という気分。
(まぁ、当たり前かぁ)

冷麺も食べられなかったし。
でも、じゃぁまた行く?と言われたら…
うーん…
でも、あの有名なマスゲームは見てみたい。

2001.09.02 | | Comments(0) | 北朝鮮

北朝鮮5

念願の親善博物館へ。
世界各国から金親子に送られた品物を展示している博物館。

土足禁止…?なのか、
入り口では、靴の上からカポッとはめる、
昔よくドアノブにかかっていたカバーのような靴カバーを
装着させられる。

中は、一体何部屋あるの…?というほど広く、
はじめは面白いのだけど、とにかく広すぎて途中から飽き飽き…。

最後の部屋は、とーにかく慎重に神妙に、
ガム禁止!おしゃべり禁止!腕組み禁止!
何があるのかと思いきや、イルソンのロウ人形…。


近くのホテルで昼食。


売店をチェック。

kita11.jpg
缶詰に混ざって…


kita10.jpg
パンツ!




kita8.jpg
妙香山



天気もいいし、陽気もいいし
ピクニック気分でのーんびり。

北朝鮮で、こんなに のんびり
まったりできるとは思わなかったな~。



kita9.jpg
木にもスローガン。

「祖国の木ひと枝も貴重に思おう!」
と書いたメモが手元にあるので、
そういう意味なんだと思う。たぶん…。



夜は念願のサーカスへ。
混み混み。
もー、とにかく、もー、大人気みたい。

入口もトイレも人民大行列。

そんな彼等を横目に、
私達はVIP入口(?)から並ばず中へ。
席も、とってもいい位置。
人民達は、あんなに楽しみにしているのに・・・。
かたや、私達は、ほぼ冷やかしなのに・・・。
もっと端っこの席でいいのに・・・。


kita12.jpg


たいした技はないのだけど、
人民達は大盛り上がり。
ステージを見るより、観客を見ているほうが面白いかも。

2001.09.01 | | Comments(0) | 北朝鮮

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。