スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミャンマー12

チェックアウトしてタクシーで空港へ。

あっという間に到着してしまって、
だいぶ早く着きすぎた…。
と思いきや、入り口がない。

ウロウロして、やっと一つ開いている
入り口を見つけたと思ったら、
「ここは国内線」

国際線目指して、フラフラしていたら、
どうやら、まだ時間が早すぎるのか、
国際線の建物内に入れない…。

仕方ないので、
広場で買っておいたランチを食べ、
ぼーっと休憩。

国際線にしては、小さいし、
第一まったく人がいない。

と、不安になっていると、
外国人らしき人がぽつぽつ集まりはじめたので、
とりあえず一安心。

結局、建物内に入れたのは、
出発時間のキッチリ2時間前。

建物内は、涼しいけれど
軍人が多くて何やら重々しい雰囲気。
チェックインは、手書きで。

離陸後数時間で、バンコクに到着。
トランジットなので、空港内をフラフラ。

東京に戻るバングラディシュ航空は、
もうとっくに出発時間を過ぎているのに、
待っても待っても
なかなか搭乗できず。

しばらくたって、やっとアナウンスが。
なんと、羽が壊れたので、
これから修理するとのこと…。
これから修理!?
代替機はナシ!?
ここで修理して、直るもんなの!?
その後、ちゃんと飛ぶのー?

まわりのお客さん達も、
諦めて床やイスで寝始めた…。
もう夜中だもの…。


翌朝、本当なら
とっくに東京に到着している時間になって
やっと搭乗開始。

無事、成田に到着できたのでした。

スポンサーサイト

2001.10.10 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー11

翌朝、朝食を食べていたら、
いつものメンツに加えて、白人の男子が。
昨日チェックインしたのかな?

ものすごい丁寧な英語で、
ウェイターさんに注文している。
しかも、目があったら100万ドルの笑顔で
「Good morning!」
サ、サワヤカ~!

それにひきかえ、日本のおじさん方!
いつも挨拶は無視。
さらに、
"NO SMOKING AREA" で、堂々と喫煙。
英語読めないの?

マナーくらい守りなよ!
挨拶くらいしなよ!!


今日は、ミャンマーで見たかったもののうちのひとつ、
リクライニングブッダを見に、
チャウッタージーパゴダへ。

街中からは結構離れているので、タクシーで。

運転手さんに地図を見せても、
写真を見せてもわかってもわえず。

ミャンマー語表記を見せて、
やっとわかってもらえた。

運転手さんの兄弟が、
浦和でコンビニの店員をしている、とか、
色々話していた。


チャウッタージーパゴダは、
主要道から1本奥に入ったところにあり、
ひっそり。

が、ここは軍の施設!?
というほど、軍人が何十人もいる。
四方を常に警備。
敵でも来るの?
それとも治安が悪いのか?


mya12.jpg
仏陀は、まつ毛が長く、優美で
とても艶っぽい。
うっとり。

まわりの人々は、かたまってご飯食べたり、
集会所のように
井戸端会議をしていたり…。
「手相みてやるから金くれ」という、
おじいちゃんも。
わたくし、手相とか全く興味ないので…。


街中に戻って、市場へ。

やっぱり、どこの国に行っても市場は面白い!


mya11.jpg
映画館の看板。


ホテルの廊下から、
外の人々の様子を伺ってみる。

お向かいのマンションの人々は、
窓全開にしているので…ちょっと観察…。

テレビに熱中する子供や
ソファで話し込む親子、
一家団欒の時間だなぁ。

そこへ今朝のサワヤカさんが通りかかり、
話し込んだ。

どうやら、フランスから仕事で
3、4ヶ月の予定で来ているそう。

韓国に興味があるのか、色々聞かれたり、
映画「JSA」の話で盛り上がったり。
フランスにいる日本人の多くは、
韓国人が嫌いだ、と
言っていたけど、そうなの?

2001.10.09 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー10

翌朝も、停電…
朝食を食べる部屋も、
TVといくつかの電気が
ついているだけで、薄暗い。

部屋には一応、停電になっても
読書ができるくらいの明るさの
予備電灯(?)のようなものがついているけど
これも充電がなくなるのか、
30分くらいで切れてしまう。

部屋には窓もないし、
完全に真っ暗になってしまうのだ。

ミャンマーの旅に懐中電灯は必須。


シエダゴンパゴダへ。
散歩も兼ねて、徒歩で。
途中、ものすごい豪雨。
道には川のように雨水が流れているし、
バケツをひっくり返したような雨とは、
まさにこのことか。と…。

一度、ホテルに退散しようかと思ったけど、
どうせ、もうズブ濡れだし…と、開き直って進むことに。


これまで見てきたパゴダは
どれも見劣りする程立派!

ずっと上っていく階段も、
タイル貼りで綺麗にされているし。

入場料は、どこで払うのかわからず。

外国人らしき人は、胸元にシールを貼っている。

ウロウロしていたら、お姉さんが寄ってきて支払い。
どうやら、正門のようなメジャーな入り口なら
支払い場があるみたい。
私が入ったのは、裏口?

仏像も、相変わらずキラキラしちゃって、
ご利益薄そうだけど、一体何体あるんだろう…。
仏像ランドのよう…。

mya10.jpg




街中に戻り、
外国製品等を扱う。という
ヤンゴンデューティーフリーへ行ってみた。

デューティーフリーとはいえ、
ハワイとか香港とか、
そんなところにある立派なものでは
もちろんなく。

ビックリするほど閑散としていて、
食品もほとんどすべて、
賞味期限切れ。

中には、1992年なんていう飴まで…。

ポッキーなど、日本のお菓子もあり。
でも、チャットも底をついてきたので、
安いタイ製のハーブキャンディーと、
ついつい誘惑に負けて買ってしまった
パイの実…高いのに…
$2.8…
でも、う、うまい!!

思えば、ここ何日も、こういうチョコレートとか
甘いものを食べていなかったなぁ…。
やっぱり、美味しいんだなぁ…。
と、文明の素晴らしさに感謝しつつ、道端で、
ふかしいも を買って帰る。
これが、甘くてほくほくで、とっても美味。

チョコもうまいけど、
こういう素朴なものもウマイ。
どっちもウマイ!

2001.10.08 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー9

スヤスヤ眠ってしまい、
翌朝目を覚ましたら、不覚にも、もう空が明るい!
でも、日の出には間に合いそう。
良かった。

他の乗客も、外を見ている人多し。
やっぱり日の出は人気なんだなぁ。


山の上あたりが、うっすら赤くなり
空の下のほうに雲が厚くかかり、
地面には、うすい霧が。
とても幻想的で綺麗…
旅の醍醐味。


3時間以上遅れて、ヤンゴンに到着。

列車が止まるなり、すぐ子供達が入ってきて、
何か言いながら、
乗客の残したゴミやペットボトルを
回収している。
それらを売るのかな。


ホテルは、この間と同じ駅前のホテルに。

停電が続いているらしく、今日もちょこちょこ停電。
夜までクーラーも使えず、シャワーもお湯が出ない…。

2001.10.07 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー8

あまり体調が良くなった変化も見られず…。
昨日の薬の効果は、なかったものと思われます。
期限切れだったからか、
そもそも効能が違うものだったのか、
はたまたタイの薬は私の体に合わないのか…。

でも、今日は昨日の彼らのガイドにより、
近郊の街を巡ることになっている。
体調も良くないし、
あまり気乗りしないけど、
ああ、もう迎えに来てる…。


30分でサガインへ。
サガインヒルにのぼるけど、階段がキツイ…
何より、アツイ…。
瀕死状態で、なんとか頂上へ。
眺めは、まぁまぁ。


mya7.jpg
アマラプラの橋。
映画「ビルマの竪琴」で有名、と、
彼らも言っていらけど、
私は見ていないので
よくわからず。

mya8.jpg



彼らの中には、妻子持ちもいて、
でも昼間からプラプラ。

どうやって暮らしているのかというと、
「親から金をもらっている」
のだそうで、しかも
「それが当たり前。皆そうしてる」
なんだそう。

「日本は豊かで何でもあっていいよねぇ~」
なんて言っていたけど…
だったら働け。

挙句の果てには、
「君達(日本人)は物質的には豊かだけど、
精神的に貧しい。
僕達(ミャンマー人)は物質的に貧しいけど
精神的に豊かだ」
とまで言われた。

本当にそう思っているのか、
日本の旅行者からの受売りなのか…。


湖では、老若男女沢山の人が
腰まで浸かって魚取り。


mya9.jpg
橋の上では、水や、ちょっとしたものを売る露店も。


小船で、対岸まで行ってみた。

どうやらナッ神のお祭りがあるよう。

このお祭りは、ゲイの祭りということで、
ゲイが多く集まるらしい。
そりゃ、楽しみだ!!

早速見かけたお2人。
1人は、すごい美人!
見た目は、完全に女性じゃなくとも、
動作が貫壁に女子!

それにしても、こんな所にまでオカマがいるとは。
うーん、ビックリ。


マンダレー駅に戻って、
彼らに今日のガイド料$20を払って別れを告げ、
今夜の列車を待つ。

この列車は、
外国人は外国人料金を取られるので、
バスに比べたら高い($35)けれど、
ものすごい揺れだそうで、
一度乗りたい!と思っていたもの。

車内はガラガラ。

裕福そうな地元民が数人いるくらいで、
外国人らしき人はナシ。

出発後、しばらくはまだ明るいし、
車窓風景を見ていて飽きなかったのだけど、
暗くなってからヤツらはやってきた。

クーラーがないので、窓全開。
そこから虫が侵入し放題!

小さいのから大きいのから
見たこともないような得体の知れないものまで…
ここは、虫博物館か!
と、一人ツッコミを入れつつ、
窓際のカーテンには、蛍まで。
ゆーらゆらと光ってるねぇ、きれいだねぇ…。
はぁ…。


はじめは横揺れだけだったけど、
だんだん縦揺れも。
おお!これが噂の!
と、堪能していると、停車駅に。

1時間弱くらい停車していたかな?

停車中は風が入ってこないので、
扇風機がまわり始めた。

ホームは人で溢れかえっている。

次の列車を待つ人なのか、
ゴザを敷いて座っている人や、
大荷物を抱えている人、
物売りの人、そして物乞いの子供達。

物乞いがしつこいので、
ブラインドを閉めようとしたけど、
なかなか閉まらない。

それを見ていたのか、
しばらくして現れた駅員さんが、
さりげなく閉めてくれた。

この駅員さん…その後もテキパキ仕事をこなすし、
いつも、さりげなく
何かと気遣ってくれているような気がした。

お腹をさすっていたら、扇風機を止めてくれたり、
蚊に刺されたところをかいていたら、
しばらくして車内に煙が。
何だ何だ!?煙草?と思っていたら、
どうやら、蚊取り線香!

閉めたブラインドの隙間から、
10歳くらいの物乞いの女の子が
ジッとこちらを見つめていて…
他の子のように、何かをねだるわけでもなく、
ただただ、こちらを見つめているのだ。

その表情は、生気を感じないというか、
何も期待しない、何も求めない。という虚ろな表情で
ゾクッときた。
未だにあの表情が忘れられない。

あの子は何を思い、
ただただ私を見ていたのだろう。


その後も、数駅に停車。
真夜中なのに、ホームでは音楽を大音量で流して、
相変わらずの人人人。
子供も沢山。
学校には…行ってないのかなぁ。
そんな情勢ではないか。

車内の他の乗客は、こんなに激しい揺れでもスヤスヤ。


途中、駅でもない草原らしき場所
(暗くてよくわからないけど、たぶん)
に停車。

それまでの列車の音がピタッと止んで、
急に虫の声だけに。

耳が痛くなるような静けさで、
キュッとなった。



2001.10.06 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー7

だいぶ体調も良くなったので、
ホテルで朝食を食べて、街散策に。

王宮沿いをずっと歩いてウロウロ。
さすが王宮。
綺麗だし、道沿いの木陰を歩いて、
とても気持ちいい。

ヤンゴン行きの列車の切符を買っておこう、
と、駅を目指すものの、すっかり迷子。

ウロウロしていると、
昨日のサイカーの運転手さんにバッタリ。

その友達も一緒で、暇なのか
駅まで連れて行ってくれた。

皆、大学生だけど、学校は夜なので、
昼間はサイカーやタクシードライバーの
バイトをしているとのこと。

駅はまだ新しく、綺麗で近代的な建物。
列車ごとに窓口がわかれているのか、
ものすごい数。そして、ミャンマー語表記のみ。

とても一人じゃ切符も買えない…。

彼らのおかげで、すんなり切符も手に入れ、
体調不良も心配してくれ、
薬局にも連れて行ってくれた。

大きな市場の中にある…
薬局…?

品物は沢山あるけれど、ほとんどがタイの薬で、
しかも期限切れの品。

とりあえず、お店の人に出された
服痛?下痢止め?を購入。

市場は、外観は大きなビルで、
中にはエスカレーターも。
ところ狭しと、お店がひしめきあっていた。


午後は、ホテルの部屋で、まったり。
屋上からの眺めは抜群。

これまでの街は、ホテルの従業員さんは
男子ばかりだったけれど、
ここは女子ばかり。

皆、笑顔で挨拶しくれるし、建物も綺麗だし、
居心地良い。

夕食は、またフロントのお姉さんにバナナを
わけてもらった。

近くのお寺から、スピーカーを使って大音量のお経が
流れてきて…
なんだか、哀愁…。

2001.10.05 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー6

昨日、食べたものにやられたのか、
単なる食べすぎか、
はたまた、この暑さにやられたのか…
下痢・発熱・倦怠感・節々の痛みに襲われた…。

昨日の夜から、多少症状はあったものの、
普段から私は太陽に弱いので、
いつもの熱射病だろう、寝てれば治るな、
と思いきや、
朝からトイレに引きこもり状態。
お腹は激痛。

今日はマンダレーまで移動予定日…。
バスチケットも、すでに買ってしまっているので、
というかホテルの兄ちゃんが
昨日、手配してくれていた。

お腹が痛いんだけど、
これ、明日に変えてもらえるかな…?

と聞いてみたら、

「お腹痛い?
 大丈夫、大丈夫。
 バスに座ってればいいんだから
 お腹痛くても平気でしょ?」

…。


とにかく出すものを出したら
なんとかいけそうなので
兄ちゃんも、行けと言うし、
行くことにした。

バスはホテル前に迎えに来てくれるとのことなので
しばし待っていると、
到着したのは
一瞬、自分の目を疑いたくなるような
スモールバス、スモーーールバス。

マンダレーまで7時間程だよ、7時間。

この小さなバスに、シートはもちろん、
通路にも屋根にも、7、80人は乗っている…。

シートは硬い狭いし…
健康なら問題ないけど、このお腹で…。


瀕死で見る車窓風景は、ひたすら草原。
茶色く濁った川では、子供達が水遊びをしたり、
女の人が服のまま水浴びしたり。
牛飼いの人々や、牛車にゆられている人々も。
インドっぽい。
(インド行ったことないけど)

ガソリンスタンドには数回立ち寄った。
マンダレー近くのスタンドでは、車が大行列!

普通のホースやバケツで給油したり。
ガソリンも質が悪いのか、バケツに移すときに
ガーゼのようなもので濾していた。


7時間弱後、決死の思いでマンダレー着。
バスを降りた途端、客引きに囲まれ、
サイカー(自転車タクシーのようなもの)に乗り、
ホテルまで。

ゆったりゆったり市内へ…
お腹痛いんだから、急いでくれ…
と思いつつ、思いは通じず、いつまでも
ゆったりゆったり…。

ミャンマーで、
「急いでくれ!」
という概念はない。

ホテルでは、ぐったり。
フロントのお姉さんに、
バナナとパンを譲ってもらって
今日は、まったり。

そこそこ部屋数のあるホテルなのに、
どうやらお客は私のみのよう…。
そして、夜は何度も停電。
夜はフロントにも人がいないし、
まさか今夜は、この建物に
わたくし一人!?
不安でいっぱい…。

2001.10.04 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー5

昨日の教訓を得、
暑くなる前に、早朝から散策に繰り出す。

レンタル自転車を借りて、オールドバガンへ。

舗装されている道は狭いし、大丈夫かな、
と思ったけれど、
車もそんなに通るわけじゃないし、
全く問題なし。
まだ涼しいし、爽やかに進め~。


ここは、とても広いので…。
移動の主流は馬車や車。
自転車も日中はキツイけど、
安いし良いと思う。

mya5.jpg


ツーリストの多いバゴダでは、
物売りが大量。

シュエサンドーパゴダでは、絵売りにつかまり、
どこまでもどこまでもついて来た。

自分は8人兄弟の長男で、
家族はとても貧しいから
大学を辞めて働いている。とか、
日本は仕事がありそうだから行きたい。とか、
でも昔は日本人が嫌いだった。とか、
(昔は、日本人といえば老人観光客しかおらず、
戦争のこともあるし、嫌いだった、とのこと)
色々話していた。

その後、その彼の自宅の前を通りかかったけど、
家族皆でテレビを見ていた。
テレビは、あるのか…。


mya6.jpg



ひと気のないパゴダへ行くと、
内部はコウモリのフンでいっぱい。
もちろん裸足なので…入るのをためらうほど…。

木陰では、地元民が、のんびりしていたり、
シラミ取りとしていたり。

いくつか見てまわって、
暑くなってきたので、ホテルへ戻る。

街に戻ったときには、もう肌ジリジリ。
とにかく、ぐったり。

手頃なお店で、
チキンのバターガーリック炒めとご飯を
注文したら、
今思いだしてもヨダレが出るほどの美味しさ!

バターがたっぷりで、甘くまろやかで、香ばしい!

ご飯のおかわりもくれたので、
バターソースをたっぷりかけて、いただき!!

夕方涼しくなるまで
ホテルでダラダラ。

夜ご飯は、ホテル隣のお店で、
念願のミャンマーカレーを。

おばあちゃん一人で切り盛りしているお店で、
お肉たっぷりで、少ししょっぱいけど、
これも美味。

キュウリサラダやスープもついていて、
ミャンマーバナナもくれた。

途中、地元の人が、お弁当箱を持って
カレーを買いにきていた。

2001.10.03 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー4

朝、バガンエリアに入る前に
外国人だけ降ろされ、
エリア入場料を払う。
$10

街に到着して、まずホテル探し。
$3 のホテルも行ってみたけれど、
ちょっと狭いので…
Eden Hotel へ。
大きな窓が沢山で、広いし、とても快適。
$7

まだ朝、7時過ぎだったので、
朝食も食べさせてくれた。
屋上のテラスのようなところで。

天気はいいし、朝はサワヤカでとってもいい気持ち。
洗濯物も、あっという間にカラカラ。

街をふらふら。

ゆったりしていて、町の人も
皆ニコニコ話かけてきてくれる。

ランチを食べたレストランのおじさんは、
もう、
人に会ったの久しぶりだぜ!
というくらい、ずーーっとマシンガントーク。
楽しそう…。

ミャンマーにはヨーグルトがないから、
ラッシーを作るにも、一苦労だよ。とか、
ミャンマーバナナ(普通のバナナより小太り)の話とか…。


さびれた道を歩いていたら、
端っこでご飯を食べている、
とっても貧しそうな一家が。

洗面器(?)に入っているご飯を
家族皆でわけあって食べている。

目が合ったので、挨拶したら、
皆ニコニコして、ご飯食べて行け。
とジェスチャーしてくれた。

そんな、家族皆で食べる貴重なご飯を
ただの通りすがりの、わたくしにも!?

と、やや感動しつつ、でも
マシンガントークおじさんのお店で
たらふく食べたので、
お腹いっぱい。とジェスチャーで返して
バイバイ。


パゴダは、裸足で入らなければならない。
が。
日中のバガンは、暑い。
とにかく暑い!

足も、あつっ、あつっ。
歩くことも、ままならないので、
ホテルに逃げ帰る…。


今日は満月。
近くのミンカバー村で、
お祭りがあるらしいので、
夜、涼しくなった頃行ってみる。

マヌーハ寺院付近で行われているのだけど、
すごい人人人。

全然街灯がない真っ暗な中、露店も沢山。

ここでも、目が合うと皆ニコニコ。

ものすごく流暢な英語を話す
小さい子供もいてビックリ!
どこで覚えたんだろ?

帰り道、だだっ広い草原に点在するパゴダが、
月明かりに照らされて黒くそびえ立ち、
感動的な美しさでだった。

バガンの街中に戻ると、レストランでは
歌をうたったり、こちらもにぎやか。

2001.10.02 | | Comments(0) | ミャンマー

ミャンマー3

バガン行きのバスターミナルは、
市街から少し離れているので、タクシーで。

近くに安食堂や、キオスクのような売店が
ズラッと並ぶエリアもあり。

少し早めについたので、ごはんを食べることに。

sweet & sour fish というものを頼んだら、
鯉のような、ものすごく大きい魚のフライに、
甘酢あんかけ。
こ、これで700チャット!?
一人じゃ食べきらないほど大きいのに安い!
そして、美味~。

バスは満席。
出発予定時刻より早めに出発。
横にも縦にも、すごい揺れ。
車窓風景は、のんびりとした田園風景が続く…。

あたりも、すっかり暗くなった頃、
突然まわりに、なーーんにもないところでバスは停車。

何かと思いきや、どうやらトイレ休憩のよう。
もちろん、トイレなんてないのだけど…。

野原トイレ…。

英語を話す乗客の話によると、あと1、2時間で
夕食休憩があると思う。
とのことだけど、
うーん、バスにトイレついてないし…。と、
皆に混ざってトイレタイム。

少し観察してみると、どうやらバスの前方が男子、
後方が女子。という暗黙のルールができているみたい。

地元人は、ロンジー(皆はいてる巻スカートのようなもの)
をはいているから、サッと用が足せる模様。
下着のパンツもおろしているような素振りではなかったので
(細かくチェックしている、わたくし)
皆、ノーパンなのかな。

ジーンズなど普通のパンツだと、
ペロッとお尻丸出し。

これからは、移動の時はロンジーをはこう。
と、心に誓った。

男子も、立ってではなく、
座って用を足していた。
そういえば、ヤンゴンの町中でも、
座って用を足している人が
結構いたなぁ…。


その後、夕食休憩があり、
(すごく短時間…。皆ご飯食べるの速い)

数度のトイレ休憩、エンジントラブルなどがあり、
順調に(?)バガンへ。
狭くてヒザは痛いし、揺れで頭も打ってばかり…。

2001.10.01 | | Comments(0) | ミャンマー

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。