スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

イタリア2

ジュリエットの墓と、そこに併設しているフレスコ画博物館へ。


ita2.jpg


お墓は、地下にあり、ひんやりして真っ暗…。

…というか、墓があるということは、ジュリエットって実在の人?!


ブラブラしていたら、人だかりを発見。
何かな…と近づいてみると、
ジュリエットのバルコニー。

ira3.jpg





生ハム、モツァレラ、ルッコラの入ったパニーニを買い、公園のベンチでランチ。

パニーニは、その場で焼いてくれるので、暖かくてとっても美味!
4.5ユーロ

もちろん、おやつはジェラート。
美味しいし、大きい…。

暖かいし、のんびりしていて、気持ちいいなぁ~。
イタリア時間なのか、ゆっくりと時間が流れている気がする。


その公園の近くにスーパーがあるのだけど、お昼休みは4:15まで。

そのユルさが、ステキ☆

夕方このスーパーに行き、生ハム、ルッコラ、マロンペーストなどなど、
大好きなものが安く売っているので、ついつい買いすぎてしまったーー。

夕ご飯はパンに生ハムとルッコラをたっぷりはさんで…
夢のサンドイッチ…。



夕方になったら、急に団体さん観光客が増えるような気が。
ミラノあたりから、半日観光など出ているのかな。

たまにビックリするほど派手な格好をしているイタリア人(たぶん)のマダムを見かける。
お洒落に着こなしていて、女であることを楽しんでいるようで素敵だなぁ。


スポンサーサイト

2002.03.11 | | イタリア

イタリア1

ドイツの友人宅から列車でイタリアへ。

途中、スイスの山越えがあるのだけど…
うっとりするほど綺麗だった。

インターラーケン駅に停車中の風景は、雪山あり、川あり、草原あり…。
スイスは観光したことがないのだけど、行ってみたいなぁ…。

ただ、山越えなので、くねくねと、時間はかかるし酔った…。
(ドイツ-イタリア間の全ての列車が、この路線を走るわけではないです)



イタリアの湖水地方も絶景だった。
お金持ちの家が建ち並んでるーー。


ミラノに着いて、ここで1泊する予定だったのだけど、
ミラノ駅に降り立った途端、あまりの人の多さに躊躇…。

次の目的地、ヴェローナへ向かうことに。

定刻発車、順調に進んでるなぁ、と思いきや、
ヴェローナまであと30分、というところで、電車がストップ。

どうやら人を轢いたらしい…。

すぐに片付けて発車かと思いきや、
なんとこの列車は、ここで止まってしまうみたいなので、次の列車を待つことに。
駅員さんや、乗客数人が、のんびりと死体があるらしいところを見てる…。
見てないで、早く片付けなよ…。


電車を乗り換え、なんとか無事にヴェローナ駅に到着。


ita1.jpg




駅から目指す宿までは、のんびり徒歩で。

観光地なので、観光客が沢山いるし暖かいし、なんだかウキウキするなー。

迷いつつ、女子専門宿
casa della Giovane へ。

入り口に、小さく書いてあるだけなので、前を通り過ぎても、見逃しがち。
通行人に聞きまくって、やっと到着。

中で1階、2階に分かれている11人の大部屋。
一人 11.5ユーロ。






--------------------------------------------------------------------------------

2002.03.10 | | イタリア

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。