スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ロシア5

今度は、30分くらい遅れてウラジオストクに到着。

空港に行くにはまだ早いので、
食器屋さんで一目惚れしたお鍋(赤地に白の水玉)と、
百貨店・グムで布を購入。
ro15.jpg
だいたい1m20p前後。



帰りは新潟行きの飛行機で、
来るときに乗ってきたものより大きい。

日本語のアナウンステープも流れるのだけど…
なんだか、なまってる…。

飛行時間は1時間20分なのに、軽食が出るので
相変わらず美人のスチュワーデスさん達は、忙しそう。

ゆでたまごが…
どういうわけか、どピンク!
ショッキングピンク!
イースター?

新潟に近づくと、
窓から見える景色がとても綺麗。
緑豊かで、水田が多く、日本はとても綺麗な国、
と思った。



家に帰って、買ってきたカップラーメンを食べてみた。
…が、容器からお湯がじわじわ漏れてきた…。
要注意。

ro16.jpg
キノコ味。
キノコの顔が怖い。

スポンサーサイト

2002.05.05 | | Comments(0) | 極東ロシア

ロシア4

赤軍博物館へ。
館内には、親切おばあちゃんがいて、
片言の英語で解説してくれた。

併設のお土産物屋さんには、
日本語を話す店員さんがいてビックリ。
お向かいの美術館のギフトショップにも、
日本語を話す店員さんが。
どこへ行っても日本語を話す人って、
いるものねぇ。


映画館へ行ってみた。
小学生くらいの男の子達がタバコを吸ってる。
キミ達には、まだ早いのでは?

「スパイダーマン」をやっていて、
土曜日のせいか結構混んでいる。

窓口で切符を買う時、何か言われたけど、全くわからず…。
なんと40p!安い!

席は全席指定?
チケットに手書きで数字を書いていたので、
たぶん…それが席番号かと…。
その席あたりに行って、近くの少年達に、
ジェスチャーで聞いてみて座った。

ストーリーが終わりかけた頃に、
もうポツポツ席を立つ人が。
終わった途端、エンドロールなんて見もせず、
皆さん出て行きました…。
ちなみに、ロシア語吹き替え。


ro11.jpg
大人気の飲み物(らしい)。
この黄色いタンクから直接注ぎ出してくれる。
黒パン等を発酵させたものらしく、
見た目はビールやコーラのようだけど、
味は、うーん、酸っぱいような、やや甘いような。


ro12.jpg
駅前の売店


ro13.jpg


今日は鉄道でウラジオストックへ戻るので、
駅に戻って、ピロシキとチキン(とても美味!)を買い、
列車に乗り込む。

ro14.jpg


1つめの停留所のホームの端っこには、
売り子さん達が沢山!
歩き売りではなく、ちゃんと屋台を出し、
ピロシキなどを売っていた。

列車が発車するときにはアナウンスがあり(たぶん)、
ホームでお買い物をしている人達も
それを聞いて慌てて車内に戻ったりしていた。


夜中の2時頃、
同じコンパートメントにロシア人親子が乗ってきた。
3歳くらいの女の子が、白い肌にくりくり目に巻き毛ちゃん。

2002.05.04 | | Comments(0) | 極東ロシア

ロシア3

8:23ピッタリにハバロフスク到着。

ホームには駅名も書いていないし、
なかなか気付かず。
時刻表と照らし合わせて、
やっと気付いて慌てて下車。

終点で良かった!
でなければ、乗り過ごしていたこと間違いナシ…。

駅前は、タクシーの客引きがポツポツいるだけで、
寂れてる…。

本当にここがハバロフスク?
未だにその疑問が完全に拭いきれないままに、
とりあえず、歩いてみる。

さ、寒い!
寂れているから、余計寒さを感じるのか…
とにかく寒いので、持っている防寒具を全て装着。


ホテルは、アムールホテル。
結構大きいのだけど、さびれまくり…。
ガラーンとして人もいないし、シーン…。

ロビーのトイレを拝借したら、
トイレ全体が、大きな個室…?
だだっぴろい空間に、便器が2個、
間についたてはあるものの…。
まぁ、他に誰もいないし、いいのだけど…。

朝早かったので、
まだチェックインはダメかと思いきや、
お願いしたらOKだった。

狭くて今にも壊れそうなエレベーターで4階へ。

部屋は広いし、ベランダもあり、
バスルームもバスタブ付き。
なのにしかし、蛇口をひねっても、
出るのは茶色い冷たい水ばかり。

おお、これが噂のロシアの茶色い水か!
と、ちょっと感動。


街をプラプラ。

アムール川は、まるで海。
砂浜もあるし、ビーチのよう。
遊覧船(たぶん)が何艘もあるし。
近くには、小さな遊園地もあって、
小さい観覧車がまわってた。

目抜き通りは広く、ウラジオストクより
洗練されている雰囲気。
百貨店・ツムも、ウラジオストクの
百貨店・グムより、商品も断然多い!
クリニークや、シャネルの化粧品売場もあった。


ro9.jpg
市場は、とにかく色々な物を売っている!
日用品から、服、靴、大工道具に便器まで。

石けん(魚のニオイがする…)や、イクラの缶詰、
とってもプリティなスリッパを1足80pで2足購入。

ro10.jpg




ホテルの窓には、網戸があったので、
もしや…と思いきや…
やはり、いた…
デッカイ蚊!
気持ち悪いほどデカイ!
もちろん刺されました…。
カユイ…。


2002.05.03 | | Comments(0) | 極東ロシア

ロシア2

朝食を食べ、チェックアウト。
今夜のシベリア鉄道に乗るので、
それまで荷物を預かってもらう。
英語も通じるし、快く預かってくれた。

ホテル近くのお土産物屋さんで、
マトリョーシカ(30p)を10個!大人買い!


道を間違えつつ、市場へ。
朝鮮系のマダムがやっているお惣菜屋さんが沢山ある。

商品は、もちろんキムチ!
客引きに熱心で、味見も沢山させてくれた。

鮭のキムチ1袋(50p)と、
パン、ミネラルウォーターを買って
近くの公園でランチ。

暖かくて、気持ちいいし、キムチも美味。
ロシアに来てキムチを食べるとは
思っていなかった~。


街の人は結構厚着?
まだまだ毛皮着てる人も目立つし…。
ロシアおばあちゃんの代名詞・バブーシュカを
かぶっているおばあちゃんも、そんなに見かけず、
なんとなくガッカリ。


ro5.jpg



てくてく歩いて、高台にある展望台へ。

途中、高級ホテル・ヒュンダイに入って、おトイレを拝借。
お土産物屋さんがあるので、宿泊客でなくとも入りやすかった。

展望台からは、港が一望でき、景色がいい!
中華系の団体さん観光客が沢山。
マトリョーシカを大量に売る露店も出ているので、
ここは観光スポットなんだろうな。

ケーブルカーもあり。2p


ro7.jpg
路面電車



州立博物館へ。
受付のおばちゃんに、片言の英語で
「地元の学生か?」のように尋ねられたので、思わず
「ハイ」
10pで入れた。
(ガイドブックによると、50p)

1階は、鉱物や、動植物の標本などがある。

クマとトラが抱き合っている標本があり、
イチャイチャしているようにしか見えないけれど、
どうやら戦っている様子。

ヘビに首を噛まれているリスの標本は…、
リスの「ギャーーッ」という表情がリアルで悲しくなる…。
そこまで、ギャー顔作らなくても…。

2階は民族衣装、3階は戦争ものや、富山や島根に関するものも展示。

10pのわりに、見応え十分!時間があれば是非お勧め。



ホテルに預かってもらっていたカバンを受け取り、駅へ。

ホームには沢山の乗客がいるけれど、
ほとんど地元民ぽい… 旅行者は全然見当たらず…。
やや不安…。

1車両に一人、車掌さんがいるので、
乗り込むときに切符を見せて入る。
英語は全然ダメみたい…。

4人部屋で、真ん中に机が一つ。

定刻発車、車掌さんがシーツ代を集金に来た。

車内ははじめ暑いくらいだったけど、
夜は少し寒いような寒くないような。

ro8.jpg
ウラジオストク-ハバロフスク間を走るオケアン号。

2002.05.02 | | Comments(0) | 極東ロシア

ロシア1

念願のロシア旅。

富山発の飛行機なので、
まずは、夜行バスで富山へ。


空港までは、富山駅前からバスで20分くらい。
早朝すぎるのか、国際線の建物は開いてなーい…。
仕方ないので、国内線ロビーで一眠り。

チェックインの手続きは手書き。
出国手続き後、小さい免税店があり、
飛行機までは、てくてく徒歩で。

機内は、20人乗りなので、せ、せまい。
けど、丸窓にやまぶき色の壁紙で
なかなかレトロで素敵な仕上がり。

そして、スチュワーデスさんが美人すぎる…。
白いお肌に、くりくり目。


ro1.jpg
ウラジオストク航空


ドキドキしていたけど、ほとんど揺れず、
ジュースやワイン、ナッツのサービスの後、
軽い機内食が出た。

パン、チーズ、オリーブ、肉、チョコ、
マフィン、クラッカーに、りんごは豪快に丸々1個。


ウラジオストックの空港は
小さくて閑散としているけど、
入国審査はモスクワに比べたら、
ビックリするほどスムーズ!
お姉さんも優しかったし。



ホテルは高台にある、ホテルウラジオストク。

1階フロントではなく、直接客室のある階に行き、
そこでチェックインするシステム。

またしても、その係のお姉さんが美人すぎる…。
そ、その睫毛は本物?!
長くてビッシリ!

シャワーからもアツ~イお湯が出た。

ホテルで両替。
$10=305p(ルーブル)

ro3.jpg
郵便局


ここは日本にも近いし、
アジアな位置にあるのに、
あまりアジアっぽさを感じさせないのには驚き。
少しだけ、ピョンヤンに近いものを感じるけど…。

ro4.jpg
ポスト


メーデーのフェスティバルのため、広場は凄い人。
ro2.jpg


皆、何するわけでもなく、ビールを飲んだり煙草を吸ったり。
若者が多いかな。

日差しも強く、富山より暖かいなぁ。
天気もいいし、気持ちいい。


ロシア語がわからないと、
外見だけでは、何屋さんなのかよくわからないことが多いので、
24という文字を頼りに入ってみた。
ro6.jpg


予想通り、24時間営業スーパー?コンビニ?
ビンビール(18p)を購入。


テイクアウトのお店で、ピロシキ(7p)と
ペリメニ(水餃子のようなもの。17p)を購入。

なんとも美味!
ペリメニは、もちもちしていて、うまい。

夜は9:30頃まで明るい。

2002.05.01 | | Comments(0) | 極東ロシア

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。