スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

パタゴニア14

ブエノスアイレスから高速船で日帰り旅。

ウルグアイの世界遺産、コロニアへ。




469e.jpg

ラプラタ川。
川幅最大200km!




d005.jpg






48c3.jpg

クラシックカーを沢山みかけた。




c8b8.jpg





e467.jpg




スポンサーサイト

2006.03.27 | | パタゴニア

パタゴニア13

a74d.jpg

世界一幅の広い道路なんだそう。
片道9車線!



38be.jpg

レコレータ墓地。

エビータも埋葬されている、お高級墓地。

小ぶりの家のようなものがズラッと立ち並んでいるのだけど、
その一つ一つが、どれも墓地。

ガラスごしに、中が見えるところもあったのだけど、
棺がそのまま置いてある…。
土に埋めるでもなく、そのまま?
中にはもちろん…遺体が入っているんだよねぇ…?
永遠にそのまま?
土に還ることもなく?

2006.03.26 | | パタゴニア

パタゴニア12

サンティアゴをもっと満喫したいところだけど、
ブエノスアイレスへ。

宿が全然あいてなくて、ウロウロ。


147a.jpg

やっと見つけた部屋の窓から。

すっかり陽もくれてしまったけど、食料を買出しに近くの商店へ。

サンティアゴも都会だと思ったけど、
ブエノスアイレスは、大都会だった…。
のほほんムードから一転、大都会へ。

都会は人を切なくさせますね。

さらに追い打ちをかけるように、
サンティアゴで桃のスイーツを食べすぎてお腹がゆるく、
心身ともにヨレヨレ。

小さな商店のレジのおばちゃんは、アジア系(たぶん中国人)だった。
中国人か?と聞かれたのだけど、日本人だ。というと、
同じアジアのよしみか、すてきな笑顔でキャンディをくれた。

ヨレヨレな心に、一輪の花だよ、おばちゃん。

2006.03.25 | | パタゴニア

パタゴニア11

バルパライソへ。

サンティアゴから日帰りできる街。



bd77_20080313224016.jpg

坂が多いので、アセンソールという簡易ロープウェーのようなものが市民の足。




baa6.jpg

公園で踊る老夫婦。




2006.03.23 | | パタゴニア

パタゴニア10

夜行バスでサンティアゴへ。

バスを待っている間、近くにいた子が
ものすごーーーーーーっく、かわいくてドッキドキだった~。

16、17歳くらいの女子高生?
と思っていたのだけど、
観察していたら、どうやら子持ちのお母さん!
しかも、小学生くらいの子供が2人も。
いやぁ…ヴィックリしたわぁ…。

若く見えるのか、ヤンママなのか…。



サンティアゴは、やっぱり都会!
そして何より、暖か~い。
しかも、年間300日を超す(?たぶん)晴天率、とのことで、
毎日いい天気で、気持ちいい~。

首都だし都会なんだけど、
会社員風の人も、のんびりムードで
サンティアゴ最高~!



6058.jpg

市場で大好物のラズベリーを大量ゲット。
1kg300円。
サンティアゴ最高~!



443e.jpg

スイーツ。
桃のシロップ漬けと、プリプリの麦。

道のいたるところに屋台が出ていているのだけど、
わたくしの調査によると、
缶詰の桃(っぽい)を使っているところと、
手作り(?)の桃のシロップ漬けを使っているところがありまして、
手作り風の桃のほうが、圧倒的に美味。

安いし美味しいし沢山飲んだら…。
ちょっとお腹がゆるくなってしまった…。
飲みすぎた…。




2d6e.jpg

ロンドレス通り。

サンティアゴで泊まったホテルのある通り。
石畳で、静かで、とてもいい雰囲気。



dcc1.jpg

ホテル前の広場。



d2f9.jpg

夜のサンティアゴ。

2006.03.22 | | パタゴニア

パタゴニア9

チロエ島へ行く現地ツアーに参加。

観光客(チリ人以外)ばかりなのかと思いきや、
オールチリ人。
はとバスみたいな感じ?
(はとバス乗ったことないけど…)

ガイドさんは…
878f.jpg

マツ(しげる松崎)激似!

マツ、とぉーってもテンションが高い。
いろいろ説明している間も、目が合うたび必ずウィンク☆

そして、どういうわけか、鼻毛がすごい。
すごく長い。すごく沢山出ている。



c813.jpg

チロエ島独特の建築様式。
海に柱を建て、その上に家を建てている。


92e4.jpg

「タイタニック」
(と、ボディに書いてあった…)


37bc.jpg

ランチは、マツお勧めの「クーラント」

これで一人前!山盛り!
ムール貝に、でかいハマグリ、チキン、ポーク、チョリソ(ソーセージ)、じゃがいも…。
すっごくおいしかった~。


8b9c.jpg

おやつは、すいかバー。
色がヤヴァイ…。
でも味は、すいか。



b6f6.jpg

教会



a5d7.jpg

マツとツーショット。



4036.jpg

チロエ島は、小さくてまったりしていて
おだやかで、とても素敵なところだった。
教会が沢山あるらしいのだけど、このツアーではあまり見られなかったから
また行きたいなぁ。


チリの人は、おとなしく、控え目でやさしい人が多くて
チリ大好きだ、と思った。

私はスペイン語ができないし、
このツアーで一緒になった人達は
英語ができる人はいなかったので
唯一英語ペラペラのマツを通してしか
コミュニケーションが取れなかったけど、
とても楽しかった。



2006.03.20 | | パタゴニア

パタゴニア8

ウシュアイアからランチリ航空でプエルトモン経由でサンティアゴへ。

プエルトモン経由なのかぁ~。
プエルトモンも行ってみたい…。

空港でチェックインのとき、
「プエルトモンで降りたい」
と言ったけど、却下された。

飛行機の中に入ってから、ダメ元でフライトアテンダントさんに
「プエルトモンで降りたいんだけど…」
と言ってみたら、
なんとも親切な人で、機長や空港職員に話をしてくれ、OKが出た!
(途中で降りるとなると、機長やいろいろな人の手続きが必要なのかぁ…)


c8ad.jpg

街中のモニュメント。
すごくでかい。



7a22.jpg

民芸品屋さんで。
店主(後ろのおじさん)が、
「コレかぶって写真撮ってけ、撮ってけ」というので撮りました。
別に、「買え」というわけでもなく…。


2006.03.19 | | パタゴニア

パタゴニア7

2d7e.jpg

パタゴニアの花



7c9a.jpg





b023.jpg




パタゴニアは風が強いので、花は背丈が低い。





f0b6.jpg

先住民の写真…
頭に何かぶってるんだろう?




d5ad.jpg





b24a.jpg

ウシュアイア空港にいたマリア。




2006.03.18 | | パタゴニア

パタゴニア6

ceed.jpg

ウシュアイア



3d6a.jpg

ビーグル水道クルーズでオタリアに遭遇



5320.jpg




5474.jpg

またオタリア。
すんごいこっち見てる。



c89c.jpg

シャチにも遭遇



40ec.jpg

映画で有名になった(らしい)灯台



f353.jpg

世界の果て博物館



2bf6.jpg

ヤマナ族博物館







2006.03.17 | | パタゴニア

パタゴニア5

今日もまた国境を越え、アルゼンチン側のウシュアイアへ。

プンタアレーナスからウシュアイア行きのバスは毎日運行していないので注意!
(念のため、数日前に購入しておいた)


1114.jpg

こういう風景が、果てしなく続く。

9131.jpg


a0b0.jpg


686e.jpg

ここでバスごとフェリーに乗って、フエゴ島へ。

2006.03.16 | | パタゴニア

パタゴニア4

またまた国境を越えて、
プエルトナタレスに戻る。

2308.jpg

国境付近


パイネに行く途中、ミロドンの丘に立ち寄る。

d7fa.jpg

ミロドン。↑私が手に持ってるのは…

72c5.jpg

ミロドン

6c13.jpg

街中にはゴミ箱もミロドン。

f6d5.jpg

パイネは、イマイチな天気で…
いつかリベンジせねば。

64d0.jpg

虹2本!

2006.03.15 | | パタゴニア

パタゴニア3

アルゼンチン側に移動して、
カラファテへ。

a794.jpg

羊の丸焼き。



ここでは念願の…

氷河!!

354c.jpg


氷河ツアーは、たくさんあるので
氷河上陸ツアーというのに参加。

カラファテ市街からバスに揺られ、国立公園内へ。

e44a.jpg

そして、氷河!
虹もでてる。


4f5c.jpg

氷河は、とても大きくて、
この写真の中央赤い丸内のポツポツしたものが人間。


c0ed.jpg

高さ100mくらいあるのだそう。

67c2.jpg


d420.jpg


7dc8.jpg


b0e2.jpg

船上から氷河を鑑賞。

9eca.jpg

そして、いよいよ氷河に上陸!

7575.jpg

アイゼンをつけてもらう。

f243.jpg

あおーーい。

7cab.jpg


5c28.jpg


1791.jpg

登る。

bca1.jpg

氷河入りウイスキー。
ガイドさんが作ってくれる。

2ea9.jpg



氷河上陸ツアー、必須アイテムはなんといってもサングラス。
持っていなかったので、すっかり目が真っ赤になりました。

2006.03.13 | | パタゴニア

パタゴニア2

プエルトナタレスに移動。

29a1.jpg



プンタアレーナスに比べると、
こじんまり・のんびりした、雰囲気のいい街。
でも、パイネへの玄関口なので
小さな民宿は沢山あるし、レストランや商店もそこそこある。


9034.jpg

行きつけのレストラン。

観光客向けというより、地元人用で(たぶん)
料理の量がすごい!

魚のフライを頼んだら、お皿からはみ出るくらい大きいフライと
山盛りのフレンチフライ!

グラスワインを頼むと、日本のレストランで水が出てくるような普通のコップに
なみなみ注がれたワイン!
(しかも、さすがチリ。ワインはうまい。)


d5cc.jpg

このあたりのお宅は、こうして窓辺に品物を置いて売っているみたい。

これは、ルバーブのジャム。

他にも、手編みの靴下や帽子などが売られていた。

2006.03.11 | | パタゴニア

パタゴニア1

念願のパタゴニアへ出発。
(旅の日記を紛失してしまったので、日付などは適当です…)


松本の自宅を出て…
成田→バンクーバー→トロント→サンティアゴ→プンタアレーナス

51fe.jpg

椎名さん(誠)が泊まったことで有名な、ホテルモンテカルロに到着したのは、
家を出てから、ぴったり48時間後。

でも、飛行機の中では、ひたすら爆睡していたので、
時差ボケもないし、体も順調。

プンタアレーナス空港からは、プンタアレーナス市街行きと
プエルトナタレス行きのバスが出ているので、
すぐパイネに行きたいなら、プエルトナタレス行きが便利。

私はプンタアレーナス行きのバスに。
終点で降りたはいいものの、
現在地がサッパリわからなかったので、
バスの車掌さんに、「ホテルモンテカルロに行きたい」と訪ねたら
乗ってきたバスで、そのままホテルまで連れて行ってくれた。
親切だなぁー。



4a78.jpg

海のほうへプラプラ。




cc32.jpg

雲が低くて、空がきれい。




4e52.jpg

この像の足に触ると、無事に航海できるそう。



夕方から、ペンギンを見に。

697d.jpg

この写真じゃまったくわからないけど、
ここ、ものすごーーーーーい強風。

この道を歩いていくと…

4754.jpg

ペンギン!


e1fa.jpg

たくさんいる。



c56c.jpg

お住まいは陸地。



2006.03.09 | | パタゴニア

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。