スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ロシア3

8:23ピッタリにハバロフスク到着。

ホームには駅名も書いていないし、
なかなか気付かず。
時刻表と照らし合わせて、
やっと気付いて慌てて下車。

終点で良かった!
でなければ、乗り過ごしていたこと間違いナシ…。

駅前は、タクシーの客引きがポツポツいるだけで、
寂れてる…。

本当にここがハバロフスク?
未だにその疑問が完全に拭いきれないままに、
とりあえず、歩いてみる。

さ、寒い!
寂れているから、余計寒さを感じるのか…
とにかく寒いので、持っている防寒具を全て装着。


ホテルは、アムールホテル。
結構大きいのだけど、さびれまくり…。
ガラーンとして人もいないし、シーン…。

ロビーのトイレを拝借したら、
トイレ全体が、大きな個室…?
だだっぴろい空間に、便器が2個、
間についたてはあるものの…。
まぁ、他に誰もいないし、いいのだけど…。

朝早かったので、
まだチェックインはダメかと思いきや、
お願いしたらOKだった。

狭くて今にも壊れそうなエレベーターで4階へ。

部屋は広いし、ベランダもあり、
バスルームもバスタブ付き。
なのにしかし、蛇口をひねっても、
出るのは茶色い冷たい水ばかり。

おお、これが噂のロシアの茶色い水か!
と、ちょっと感動。


街をプラプラ。

アムール川は、まるで海。
砂浜もあるし、ビーチのよう。
遊覧船(たぶん)が何艘もあるし。
近くには、小さな遊園地もあって、
小さい観覧車がまわってた。

目抜き通りは広く、ウラジオストクより
洗練されている雰囲気。
百貨店・ツムも、ウラジオストクの
百貨店・グムより、商品も断然多い!
クリニークや、シャネルの化粧品売場もあった。


ro9.jpg
市場は、とにかく色々な物を売っている!
日用品から、服、靴、大工道具に便器まで。

石けん(魚のニオイがする…)や、イクラの缶詰、
とってもプリティなスリッパを1足80pで2足購入。

ro10.jpg




ホテルの窓には、網戸があったので、
もしや…と思いきや…
やはり、いた…
デッカイ蚊!
気持ち悪いほどデカイ!
もちろん刺されました…。
カユイ…。


スポンサーサイト

2002.05.03 | | Comments(0) | 極東ロシア

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。