スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミャンマー4

朝、バガンエリアに入る前に
外国人だけ降ろされ、
エリア入場料を払う。
$10

街に到着して、まずホテル探し。
$3 のホテルも行ってみたけれど、
ちょっと狭いので…
Eden Hotel へ。
大きな窓が沢山で、広いし、とても快適。
$7

まだ朝、7時過ぎだったので、
朝食も食べさせてくれた。
屋上のテラスのようなところで。

天気はいいし、朝はサワヤカでとってもいい気持ち。
洗濯物も、あっという間にカラカラ。

街をふらふら。

ゆったりしていて、町の人も
皆ニコニコ話かけてきてくれる。

ランチを食べたレストランのおじさんは、
もう、
人に会ったの久しぶりだぜ!
というくらい、ずーーっとマシンガントーク。
楽しそう…。

ミャンマーにはヨーグルトがないから、
ラッシーを作るにも、一苦労だよ。とか、
ミャンマーバナナ(普通のバナナより小太り)の話とか…。


さびれた道を歩いていたら、
端っこでご飯を食べている、
とっても貧しそうな一家が。

洗面器(?)に入っているご飯を
家族皆でわけあって食べている。

目が合ったので、挨拶したら、
皆ニコニコして、ご飯食べて行け。
とジェスチャーしてくれた。

そんな、家族皆で食べる貴重なご飯を
ただの通りすがりの、わたくしにも!?

と、やや感動しつつ、でも
マシンガントークおじさんのお店で
たらふく食べたので、
お腹いっぱい。とジェスチャーで返して
バイバイ。


パゴダは、裸足で入らなければならない。
が。
日中のバガンは、暑い。
とにかく暑い!

足も、あつっ、あつっ。
歩くことも、ままならないので、
ホテルに逃げ帰る…。


今日は満月。
近くのミンカバー村で、
お祭りがあるらしいので、
夜、涼しくなった頃行ってみる。

マヌーハ寺院付近で行われているのだけど、
すごい人人人。

全然街灯がない真っ暗な中、露店も沢山。

ここでも、目が合うと皆ニコニコ。

ものすごく流暢な英語を話す
小さい子供もいてビックリ!
どこで覚えたんだろ?

帰り道、だだっ広い草原に点在するパゴダが、
月明かりに照らされて黒くそびえ立ち、
感動的な美しさでだった。

バガンの街中に戻ると、レストランでは
歌をうたったり、こちらもにぎやか。

スポンサーサイト

2001.10.02 | | Comments(0) | ミャンマー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。