スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミャンマー7

だいぶ体調も良くなったので、
ホテルで朝食を食べて、街散策に。

王宮沿いをずっと歩いてウロウロ。
さすが王宮。
綺麗だし、道沿いの木陰を歩いて、
とても気持ちいい。

ヤンゴン行きの列車の切符を買っておこう、
と、駅を目指すものの、すっかり迷子。

ウロウロしていると、
昨日のサイカーの運転手さんにバッタリ。

その友達も一緒で、暇なのか
駅まで連れて行ってくれた。

皆、大学生だけど、学校は夜なので、
昼間はサイカーやタクシードライバーの
バイトをしているとのこと。

駅はまだ新しく、綺麗で近代的な建物。
列車ごとに窓口がわかれているのか、
ものすごい数。そして、ミャンマー語表記のみ。

とても一人じゃ切符も買えない…。

彼らのおかげで、すんなり切符も手に入れ、
体調不良も心配してくれ、
薬局にも連れて行ってくれた。

大きな市場の中にある…
薬局…?

品物は沢山あるけれど、ほとんどがタイの薬で、
しかも期限切れの品。

とりあえず、お店の人に出された
服痛?下痢止め?を購入。

市場は、外観は大きなビルで、
中にはエスカレーターも。
ところ狭しと、お店がひしめきあっていた。


午後は、ホテルの部屋で、まったり。
屋上からの眺めは抜群。

これまでの街は、ホテルの従業員さんは
男子ばかりだったけれど、
ここは女子ばかり。

皆、笑顔で挨拶しくれるし、建物も綺麗だし、
居心地良い。

夕食は、またフロントのお姉さんにバナナを
わけてもらった。

近くのお寺から、スピーカーを使って大音量のお経が
流れてきて…
なんだか、哀愁…。

スポンサーサイト

2001.10.05 | | Comments(0) | ミャンマー

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。